借金を整理する4つの方法

群馬 浮気調査

○特定調停
簡易裁判所に申し立て、調停委員会に債権者(=金融業者等)っての間に入ってもらい、和解協議して借金の減額、返済方法やらなんやらを協議やるもんやねん。
通常法律うちに依頼せずおのれでぇ行いますわ。

 

○任意整理
弁護士・司法書士に依頼して、本人に代り債権者って交渉してもろて解決を図るもんやねん。特定調停って反対でぇ、法律うちに相談やる代りに裁判所を利用せえへん。
委任した後の交渉は法律うちがやってくれます。そないいった意味でぇは安心感があるんや。

 

○個人再生
よう借金をチャラにやるため安易に自己破産をすればええって考える人がおるけどダンさん、自宅を持っとる人が自己破産やるって自宅を手ぇ放すこってになんねん。
地方裁判所に個人再生を申し立てるこってにやって、自宅を手ぇ放さんと住宅ローン以外の借金を整理でぇきます。
債権者に返済していくこってを目ぇ的ってし、借金総額を大きく削減した再生計画案を作成やるこってが可能やねん。せやけど、
・住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下
・安定した収入が将来に渡って見込める
やらなんやらの要件を満たすこってが必要やねん。

 

○自己破産
借金をチャラにやるため気軽に自己破産やる人が一時問題になったんや。
「借金は返す」のが社会の当然のルールやさかい、自己破産やるためには支払不能でぇやるこってが条件やねん。従ってマイホーム、不動産、車やらなんやらは失ってしまいますわ。
自己破産の目ぇ的は「免責」やねん。免責が認められるこってにやって借金の支払義務がなくなんねん。自己破産はシクるした人が再生やるための制度やねん。せやけど「借金を踏み倒す」ために利用されへんやう免責不許可事由があるんや。例あげたろか,たとえばやなあ、ギャンブルでぇ作った借金は免責不許可事由になんねん。安易に自己破産やるって、破産者ってなるだけぇでぇ借金は残るちゅう結果にもなりかなまへん。せやけど、ギャンブルでぇ作った借金やからっていって絶対に認められへんちゅうわけせやけどあらへんさかい、弁護士やらなんやらってよう相談してみぃな。

 

また、マイホームやらなんやらは失ってしまおるけどダンさん、賃貸アパートやらなんやらでぇ通常の社会生活をスタートやるこってがでぇきます。